AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologiesに合格

雑記

Azure Developer Associate を取得後、AWSに浮気しAWS Solution Architect Associate を取得、今回は何を思ったか、Azure Solutions Architect Expertを目指すことになりました。正直、取得パスとしてはAzureならAzureで、分野もロールに沿った形で受けていくべきで、このような興味本位で進めるのは全くお勧めできません笑

Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expert - Learn
Microsoft Azure Solutions Architect は、Azure 上で実行されるソリューションを設計できるように、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、およびセキュリティに関する専門知識を持っている必要があります。

Azure Solution Architect Expertの取得には以下の2つの試験に合格する必要があります。今回はAZ-300からチャレンジ

AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologies

Exam AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologies - Learn
Exam AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologies

AZ-301: Microsoft Azure Architect Design

Exam AZ-301: Microsoft Azure Architect Design - Learn
Exam AZ-301: Microsoft Azure Architect Design

勉強開始時のスキルレベル

Azure: Developer Associateを保持
他: 昔インフラのプリセールスをやっていたこともあり、インフラの勉強をするのはそれほど苦ではない

勉強方法

Developer Associateの時に、Microsoft LearnでAzureをある程度はさわっていたので、今回は公式問題集をベースに、問題を解く、関連するマニュアルをざっと見る、という感じで出題範囲のテクノロジーを学習しました。

結果的になぜか噂されていたPortalを実際に操作する問題は出題されなかったのですが、理解が難しいところ、あと飽きないためにも、Microsoft Learnも活用しました。(私の場合、特にAzure ADとネットワーク)

まずは出題範囲のチェック

Microsoftの公式サイトに、AZ-300の出題範囲が記載されているので、ざっとながめました。

  • インフラのデプロイと設定(25-30%)
  • ワークロードとセキュリティの実装(20-25%)
  • アプリの作成とデプロイ(5-10%)
  • 認証とセキュアなデータの実装 (5-10%)
  • クラウド用およびAzure用ストレージの開発(20-25%)

詳細は試験スキルのアウトラインをダウンロード
から確認可能です。ただ、このダウンロードして確認出来る試験範囲の比重(英文)と、日本語ホームページの比重に違いがあるようですので、最新は英語サイトを見るほうがいいかもしれません

公式問題集

公式問題集(マイクロソフト公式演習テスト)をやりながら、出題範囲がどういった観点で、どういう問われ方をするかを確認しました。演習テストは、出題範囲で問題を絞り込めるので、各範囲ごとに集中して勉強を進めることができました。(ただし英語のみ)
さらに、該当する箇所のMicrosoftのドキュメントを参照したり、Microsoft LearnでAzureを触ってみながら理解を深めました。

ただ、Developerの時と違い、やや本番の試験とは異なる印象です

問題集だけでも結構なお値段がするのですが、練習テスト付き Microsoft Exam Replayという商品は、公式演習テストと、試験のバウチャー、さらに一回目で落ちたときに同一の試験を再度うけることができるバウチャーがセットになったものもあります。(私はこれを購入)

結果

Portalを操作する実機の問題が出る、時間がなくなるとの噂で、問題を早くとこうとして焦ったこともあり、ギリギリのスコア710で合格、次はAZ-301: Microsoft Azure Architect Designに挑戦です。

追記 AZ-300の新バージョンとなるAZ-303が4月28日から開始されるとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました