うつ病の引き金となる物質が確認された模様

うつ
うつ

過労やストレスでヘルペスウイルスに再感染するとのこと

うつ病の「引き金」物質を確認 名前の由来はあの敵役:朝日新聞デジタル
 過労や強いストレスが、なぜうつ病を引き起こすのか。この謎の答えの鍵を握るウイルス由来のたんぱく質を、東京慈恵会医大の研究チームが確認した。このたんぱく質はうつ病の発症リスクを大幅に高めるといい、この…

記事にあるとおり、ヘルペスには多くの人が幼少期に感染してるってことから、うつ病は誰にでも罹るっていう話とも一致しますね。

なるだけ疲れないように、認知療法や気晴らし、休息がいかに重要かということも、このお話からもわかります。

あとは、うつ病経験者からすると、再発のメカニズムもより詳しく分かるといいなぁと思います。うつ病の再発率が高い事は知られてますが、その予防ができるようになって欲しいなと思います

話の主題から逸れますが、興味深いのは、マウスの実験で抗うつ薬を投与されたマウスが通常のマウスと同じ動きにもどったってところ。当たり前ではありますが、抗うつ薬ってやっぱ効くんだなぁと感想をもちました。そりゃ当然、本件とは別に新薬として実験を繰り返して効果が認められたものが世の中に出回ってはわけなので、当たり前なのですが、自身が、処方されて効いてる感じはあまりしなかったので。

まだこれからでしょうが、予防薬や治療法なんかの開発にまで発展するといいですねぇ。。。

コメント