オーストラリアから日本に送金してみた

オーストラリア生活
オーストラリア生活

以下の投稿の続きです

オーストラリアの銀行は、手数料無料のNABを開設、支店で外国に帰国することを告げてその設定をしてもらいました。

んで、日本の口座にお金をどうやって送金するかについてですが、Westpacの窓口でレートを聞いてみたところ、送金の手続きをする際に教えると言われてしまい、日本の銀行へ送金する際のレートは教えてもらえませんでした。。。。(手数料は30ドルくらい)

なので、有名な2つの送金サービス、TransferWiseOFXのユーザ登録をしてみることにしました。

TransferWise

TransferWiseってなんぞやですが、いわゆる送金サービスです。

従来の銀行や金融機関が独占していたサービスを、最新のITを駆使して提供する企業がどんどん現れはじめており、(いわゆるフィンテックと呼ばれているやつです)、TransferWiseはその中でも最も成功している企業のひとつです。2011年にイギリスで創業された新興企業ですが、従業員数は2千人以上、着実に成長している企業です。

Wise、旧TransferWise: オンライン海外送金 | 国際的な銀行業務
銀行の海外送金では多額の手数料が課金されますが、私たちは最低限の手数料で送金を可能にします。早く、安価で、カンタンに送金。

TrasferWiseのメリット

実際に日本の口座に送金してみたTransferWiseの印象は主に以下

  1. 登録がかんたん
  2. 日本語に対応
  3. お得

まず、一番感銘を受けたのは、登録から承認までがとにかく簡単ではやい。名前や住所、電話番号などの必要事項の入力と、パスポートなどの身分証明書をアップロードするだけで完了してしまいます。(海外居住者の場合)

普通、お金の送金サービスだと審査が厳密で、複数の身分証明書をアップロードしたり、申請書にサインしたりする必要があったり、(実際、OFXでは電話がかかってきたり)しますが、TransferWiseはWebで完結、しかも身分証明書の承認までアップロードしてから1時間もかかりませんでした。

OFXもWebで登録なのですが複数の身分証明書のアップロードや、電話がかかってきて本人確認されたところが少し残念でした。

次に、日本語に対応

TransferWiseのWebページは日本語に対応、公式ブログなどでは日本語で説明されておりとっつきやすいです。

TransferWiseの使い方:ステップバイステップガイド
安くて手軽な海外送金サービス「TransferWise(トランスファーワイズ)」の使い方を、ステップバイステップでわかりやすく解説しています。これさえ読めば、TransferWiseで簡単に送金できます!

(日本在住者向けなのでマイナンバーの登録など海外居住者向けには不要な手続きも含まれています)

残念ながらOFXのWeb画面は日本語には対応してないです

最後にお得

サイトには以下のように、適用されるレート、手数料がぱっと見すぐわかるような画面が用意されています。

あと、他の銀行や金融サービスとの比較も。

OFXのほうは、送金金額が大きいと手数料無料がメリットですが、為替レートがあまり有利ではなく、10,000ドル程度ではTransferWiseのほうに軍配が上がっていました(AUD→JPY 2021年2月3日時点)。もちろんOFXも他の銀行に比べると圧倒的にお得なようです。

送金先の登録も特に難しいことはなく、口座番号や支店名の登録でOK。

実際の送金手続き後、銀行振込先がTransferWiseから提示されるので(銀行振込の場合)、そこに振り込めば6時間後くらいには日本の口座に振り込まれるという感じです。

こんなに簡単でお得ならもっと早くから使っておけば、という感じでした。

TransferWiseのユーザ登録や維持費は特に無料なので、まずはユーザ登録してみてはいかがでしょうか。

Wise、旧TransferWise: オンライン海外送金 | 国際的な銀行業務
銀行の海外送金では多額の手数料が課金されますが、私たちは最低限の手数料で送金を可能にします。早く、安価で、カンタンに送金。

コメント