Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expert を取得

資格
資格

前回、AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologiesにギリギリ合格し、

今回はAzure Solutions Architect Expertの認定に必要なもう一つの試験であるAZ-301: Microsoft Azure Architect Designに挑戦です。

Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expert - Learn
Azure Solution Architects は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、セキュリティなどの側面を含む、Microsoft Azure で実行されるソリューションを設計および実装します。

AZ-301: Microsoft Azure Architect Design

Exam AZ-301: Microsoft Azure Architect Design - Learn
Exam AZ-301: Microsoft Azure Architect Design

勉強方法

AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologiesに合格していれば、忘れないように間をおかずにDesignの試験を受けたほうがいいでしょう。

出題範囲のチェック

一応、出題範囲をチェックしましょう

  • 負荷分散必須要件の特定 (10-15%)
  • アイデンティティとセキュリティの設計 (20-25%)
  • データプラットフォームソリューションの設計 (15-20%)
  • ビジネス継続性戦略の設計 (15-20%)
  • デプロイメント、マイグレーション、インテグレーションの設計 (10-15%)
  • インフラストラクチャ戦略の設計 (15-20%)

Azure ADのアイデンティティ、セキュリティまわりはここでも重要視されてます。ただこれだとざっくりしすぎているので、Technologiesの時と同じように、詳細までブレークダウンされた試験範囲を確認して、それに沿って学習するのが良いと思います。

公式問題集

公式問題集(マイクロソフト公式演習テスト)はなぜか評価が良くなかったので、Udemyの問題だけのものをセールで購入して学習しました。やり方はTechnologiesの時と同じく、問題を解く、関連するAzureのドキュメントを眺める、理解しづらいところは実機を触る、です。

結果

時間も十分のこしながら、スコア760で合格。Technologiesの試験から一週間後に受けたため、前回勉強した内容を忘れないまま、苦手かつ重要なADをきっちり復習したのが点数アップにつながったのだと思います。

これで晴れて、AzureのExpertレベルの資格を取得することができました。

次はAI関連の資格に挑戦しようかなぁと思ってます。

追記 AZ-301の新バージョンとなるAZ-303が4月28日から開始されるとのことです。

ひげきちのブログ

コメント